横浜でも本来の葬儀の意味を取り戻しつつある家族葬

家族葬は近年生まれた葬儀の形態です。一般的には家族や親類のみで行う小規模な葬儀を指しますが、参列者の人数によって区分される葬儀ではありません。ごく近い家族だけで行われる場合もあれば、遠い親戚を呼び寄せて行われることもあります。需要が高まってきている要素としては、故人の希望で家族に金銭的な負担をかけたくないということや、あまり親しくない人に葬儀に参列してほしくないなどということがあげられるようです。家族葬は横浜を含む首都圏などでより需要があると言われています。都市部では家族の形態が昔のような大所帯ではないため、小規模の葬儀で十分だという考え方を持つ人が増えてきているのがその理由だと考えられます。少し前までは、故人に失礼だからと葬儀の規模や参列者の人数を競うような風潮がありました。しかし、本来葬儀というのは残された人たちの悲しみを和らげるためにある儀式でもあるので、家族葬はその本来の姿に近いものとなっているのかもしれません。

自分の葬儀を横浜で考えるなら家族葬という可能性

今では自分で自分自身の葬儀の計画を立てる人も多くなっているようです。自分自身の葬儀を考えているような人たちは、やはり火葬式や一日葬、家族葬などの簡素な形式の葬儀を望む人が多いそうです。もちろん、昔ながらの大規模なお葬式が良いという人もいます。しかし、横浜などの都市では、多くの人が最後のときを近しい家族だけで過ごしたいと希望しているようです。家族はあまりにも身近に長い時間一緒にいるあまり、うっとうしくなったりしがちです。でもその関係性のあたたかさや濃密さは家族に勝るものはないのだと皆どこかでわかっているからこそ、最後を家族とともに過ごしたいと考えるのではないでしょうか。自分の葬儀を希望するように行うためには、家族の理解を得ることがいちばん大切です。その話し合いの間には、悲しい感情も湧くかもしれませんが、それもひとつの大切な記憶となるはずです。

横浜の葬儀屋でしめやかに家族葬を

会社の関係する方が病気などで逝ってしまうと、葬儀屋さんのホールを借りて行うことが多いですが、最近では、しめやかに葬儀を行われる方もいらっしゃることから、家族葬で行うことが多くなってます。家族や近親者だけで行うことで、親しい方だけで送ってあげることが出来ます。横浜にある葬儀屋では、さまざまなプランをご用意してるのですが、料金を抑えた家族葬も御座います。お通夜や告別式も行ってくださるので、悲しみの中では御座いますが、天国に送り届けてあげることが大切です。お通夜には棺桶の中で眠ってる方と夜中もろうそくの炎を消すことなく起きてるので、生前一緒にいた時のことを会話の中に入れてあげることが大切ですね。多くの方が来られると、お清めとして来られた方に料理をふるまうことになるのですが、家族や親族だけであれば、料理も故人が好きだったものを作って食べることが出来ます。

東京(町田市、南多摩)・神奈川(相模原市中央区、南区、緑区、大和市)全域を24時間・365日対応いたします。ご相談・お見積りも無料です。 有資格者の「葬祭ディレクター」がお手伝いいたします。 24時間対応の自社式場・安置室完備で安心です。急なご依頼でもご利用できますのでご安心ください。 葬儀費用を最も抑えた葬儀プランをご提案いたします。大和市でのお葬式は安心フォローの「平安メモリアル」にお任せください