一番人気のある葬式は

高齢化社会になったことで自分の葬式を考える人が多くなっており、今一番人気があるプランというと家族葬になります。家族葬は名前の通り家族や身内だけで行うプランで、シンプルな葬式であることと料金がリーズナブルであることが人気の理由でもあります。最近はどの葬儀会社でも家族葬のプランがありますので、インターネットのサイトからプランの内容や料金などから選ぶといいでしょう。今までの葬式というのは遠い親戚やあまり親しい人じゃない人も来る事が多く、その分大規模な施設が必要になったり余計なものがある事が多く無駄な料金がかかっていました。残された家族にとって悲しみの中でお金にも負担がかかるとなれば、最後の見送りというのも暗い気持ちのままで送るようになります。お金の負担をかけずに家族のことも考えた家族葬は優しいプランです。

妻の祖母の葬式に参加しました

妻の祖母の葬式に参加したのですが、葬儀場は祖母が生前に見学した所で行われました。その葬儀場は数年前に建てられた所だったので外観も内装もとても綺麗で、雰囲気はとても良い所でした。同時に三組の葬儀が執り行える程大きな建物で、参加者がくつろぐ事ができる場所も完備されていました。そこでは参加者の方であれば無料で好きなドリンクを飲む事もでき、子供達はジュースをもらい大人達はコーヒーや紅茶を頂きました。昼食も葬儀場で食べる事ができ、葬儀場と提携している料理屋で作られた食事が用意されました。冷めた弁当ではなく、熱い天ぷらや温かい汁物などどれも美味しいでした。葬式の時には亡くなった祖母の事を想い哀しい気持ちになりましたが、質の良いサービスに美味しい食事を頂けた事で葬式が終わった後もあまり疲れを感じませんでした。

葬式は何度経験しても哀しみを感じます

ご家族、親族、友人の方が病で倒れられて、他界されてしまうと、哀しみが多く感じられますね。なぜか祭壇の遺影を見ると、自然と涙を流される方が多くいらっしゃいます。それだけ、その方と旅行をしたことなど強く心に刻まれるようですね。他界されてから数日のうちに行われることが多いので、すぐに葬式屋にお願いされることで、夜中でも自宅に運んでくださる所が多いですね。大体は、ホールを借りて行うことが多いですが、あまり盛大にしたくないという親族の方が多くいらっしゃることから、家族葬として行う方も増えてきてます。家族葬の場合は、その方が住んでた所で行うことになるので、料金的にも抑えられます。祭壇には、その方が好きだったものをおくことで、他界された方も喜ばれますね。親戚の数が多ければ、何度も経験されることになるのですが、祭壇は華やかですが、その方の心は、哀しみでいっぱいなので、天国に行ってもらえるように供養してあげることですね。