お葬式は、その方の一生の集大成

お葬式とは、人が亡くなった際に、遺族の方や友人などがその方をお見送りをする、その方とのお別れの式のことです。一昔前までは、地域や宗教や家系の風習によって、ある程度パターン化された式のかたちが多かったです。どこの斎場・お寺でいとなむのかなども、必然的に決まっていました。しかし、近年、お葬式に関する考え方や認識が変わってきました。お葬式は、その方の一生の集大成となる式です。その方の尊厳を大切に、その方らしいかたちで、お見送りをしてあげたいという遺族の方が増えています。家族や親しい身内だけでお見送りをする、家族葬なども増えています。これは、故人の方が、生前に「立派な式はしてくれなくて良いよ」などと家族の方に気をつかっている場合もあり、その故人の意思を汲みながらも、きちんとお別れをしたいという遺族の方の気もちによってつくられます。

近年見られるようになった葬式

葬式といえば、できるだけ多くの人に参列をしてもらい、盛大に送り出すということが一般的でした。しかしその場合には近親者が故人との別れを十分に行うことができなくなりますし、一般の参列者の対応に追われてしまいます。また最期の姿を他人には見られたくはないとする人も多いですし、遺族の関係者、仕事の付き合いということだけで参列をされても全く嬉しくはない、ということがあります。義理で参列をするような人がいると遺族にも迷惑になることがあります。そこで近年では家族葬を執り行う人が増加をしています。家族葬であれば、近親者のみで執り行うことが出来るので遺族も故人との別れの時間を多く設けることが出来るようになります。費用についても一般の葬儀よりも抑えることが出来るようになっているので、コストを抑えたい場合にもメリットがあります。

葬式のマナーと心構えについて

年齢が上がるにつれて冠婚葬祭のなかでも結婚式への出席から葬式への出席が増えていきます。葬式は、地域によってやり方がかなり違うので、近親者などにマナーを前もって聞いておくとよいでしょう。たとえば、数珠が必要かどうかも地域によって違います。必ず持っていなくてはいけない地域では購入しておく必要があります。また、寺で式を行うのか、葬儀場で行うのかではかかる時間も大幅に違いますので、チェックしておきましょう。包んでいくお金を差し出すタイミングも周りを見るなりして、失礼のないように注意するとよいでしょう。子供連れの場合は、騒がしくして迷惑をかけないよう、騒ぎ出したら外へ出るなどの気遣いが必要です。とはいえもマナーばかりではなく、亡くなった人をいつくしむ気持ちや遺族への心遣いがあれば、失礼になることはありませんので、安心して式に参列するとよいでしょう。